オキシトシンの効果について

オキシトシンは、脳の下垂体後葉から分泌されるホルモンです。

 
出産時に子宮を収縮させる作用や母乳の合成と分泌を促進する作用があること

 

から、昔から母性ホルモンと呼ばれてきました。

 
しかし、最近の研究で、このホルモンは母親だけが持つものではなく、母親になっ

 

ていない女性や男性も分泌していて、年齢にも関係なく分泌されていることがわ

 

かりました。

 
このホルモンは、母性愛、男女の愛情、グループ間の友情などの信頼感をともな

 

った人間関係と関係して分泌され、気分が安定し、心が癒され、幸せで優しい気

 

持ちになります。さらに、セロトニン神経を活性化させて、セロトニンの分泌を促

 

し、心身の安定や心の安らぎが得られます。そのため、今や母性ホルモンというよ

 

り、幸せホルモンと呼ぶ方がふさわしいです。

 
このホルモンの分泌を促すのは簡単です。

 

子供の頭をなでる、ペットをなでる、恋人とスキンシップする、仲間と一緒にワイワイ

 

ガヤガヤとすることでも分泌が促されます。

 

面白いことに、見知らぬ相手に対して親切なことをやった時も分泌されます。

 

yjimageCAFDLR85

 
最近は、メールやSNSでコミュニケーションをとることが多いですが、時にギクシャクとした状態になってしまうことがあります。

 

優しい気持ちや信頼感を持ちながらコミュニケーションをとるためには、なるべくフェイス・ツー・フェイスで会って、このホルモンが分泌される状態にする方がよいと思われます。

コメントは受け付けていません。