フェニルエチルアミンの効果について

人は恋すると相手に好きになってもらおうと、髪型や服装、自分のしぐさなどに気を

 

配り始めます。そのため、恋をしていない時より綺麗になりますが、外見上だけで

 

はなく、実は体の中でも大きな変化が現れているのです。恋してドキドキと心とき

 

めく気持ちが高まると、体の中で4つの恋愛系のホルモンが分泌されます。女性ホ

 

ルモンのひとつで女性を綺麗にしてくれるエストロゲン、快楽ホルモンと言われるド

 

ーパミン、愛情や信頼を強める母性ホルモンのオキシトシンです。そしてもうひと

 

つは愛のホルモンとも言われるフェニルエチルアミン、略してPEAと呼ばれるホル

 

モンです。手術時や癌治療の痛み止めとして使われるモルヒネと似た軽い麻薬の

 

 

ような働きをします。チョコレートにも含まれている香り成分で、フェロモン香水の

 

類にも使用されています。このホルモンはやる気物質とも呼ばれており、疲れたと

 

きにチョコレートを一欠けら口にすると気持ちを上向きにさせる作用があることから

 

わかるように、気持ちを高揚させる働きがあります。他にはココア、チーズ、赤ワイ

 

ンなどにも含まれています。恋は盲目といいますが、このホルモンが軽い麻薬のよ

 

うな働きをして高揚感を与え気持ちを上向きにし、他のことを見えなくさせてしまう

 

のです。

コメントは受け付けていません。