チーズはチョコレートの10倍効果あり

恋人を思いやる気持ちと食品の摂取量。

 

そんな調査が2012年、成城心理文化学院で実施されました。

 
乳製品をよく食べる人は食べない人に対して、「恋人を大切にしたい」「ずっと一

 

緒に過ごしたい」気持ちが大きくなるようです。

 

ではなぜ、そのような気持ちになるのでしょうか。

 
昔から牛乳を飲むと、気分が落ち着く、イライラしなくなると言います。

 

これはカルシウムを接種したことによるものですね。これだけでも関係が円満にな

 

る効果がありそうですが、チーズには『フェニルエチルアミン』という成分が含まれ

 

ていることが分かっています。これが、精神的な安定や恋愛の長続きに影響して

 

いるのではないか、と考えられているのです。

 
フェニルエチルアミンは何も特別な成分ではなく、プリンやワイン、ココア等といっ

 

た加工食品にもよく添加されています。恋愛を長続きさせる秘薬はチョコレート以

 

外にも、かなり身近なところにあったのですね。

 
恋愛だけに限った話ではなく、気持ちが高揚したり落ち込んだりする人は積極的

 

にフェニルエチルアミンを摂取すると気持ちが穏やかにできるかもしれません。

 

「相手を思いやる気持ちがずっと続く食べ物」、皆さんにも沢山食べてもらいたい

 

ですね。

コメントは受け付けていません。